間違いだらけの時計の買取!

どの店で売っても同じ?それは違います

プレゼントとして受け取ったり、ビジネスに役立てるために購入したりして、高級腕時計をお持ちの方は多いですね。高級腕時計は店舗で買取ってもらうこともできますから、貴金属と同様にコレクションしたり、資産として持っておくことも想定されます。ただ、どのお店で売っても同じ価格になるわけではありません。
家電や書籍の買取サービスによく見られることですが、ブランド・商品名と汚れやキズといった状態をマニュアルに従って判断するお店では、ヴィンテージとしての価値がある時計であっても安く査定されてしまうおそれがあります。芸能人が愛用していることで有名なブランドならばこういったお店でも良い値段は付きますが、骨董品としての側面がある時計の場合は、お店選びに慎重になるべきです。

時計の価値を知るお店を選ぼう

時計の価値を正しく判断してくれるのは、たとえ小さくても優れた鑑定眼を持つ店員が所属している、時計だけを専門的に取り扱っているお店です。このような店では、ブランド名や表面的な状態のみに惑わされることなく、時計そのものの本質的な価値に沿った査定を行ってもらえます。
たとえば、歴史のあるメーカーには希少なモデルが存在します。何らかの理由である年の生産数が少なくなっていたり、一時的にデザイナーが交代した場合などは、その時期の高級腕時計の価値がさらに高まることがあるのです。外国メーカーならば、鑑定書を見るためにも知識が必要です。
機械式腕時計の知識がある店舗では適切なメンテナンスを行ってもらえますから、動かなくなっていても買取ってもらえることがあります。豊富な知識がある店員に見てもらうことで、正しい価値で買取を行ってもらえるでしょう。